だしママプロジェクト

  • だしママレシピ2018.06.14

だしを使った幼児食① わくわくロールキャベツのレシピ

余計なものを使っていない上質なかつおだしパックは、少量ずつ簡単に煮出すことができ、乳幼児食にも安心してお使いいただけます。

乳幼児食に詳しいママ管理栄養士さんと一緒に、子どもの味覚と身体の成長に合わせ、必要な栄養素をだしの力で美味しく食べられるレシピを考えました

親子でだしを楽しみたい「だしママ」「だしパパ」にぴったりの食育レシピです。

今回は、幼児のためのだしを活用したレシピ「わくわくロールキャベツ」を紹介します。

ロールキャベツ1 (3).jpg

材料(5個分)

・キャベツ 5枚

【A】
 ・豚ひき肉...150g
 ・豆腐(水切りしたもの)...60g 
 ・たまねぎ(みじん切り)...60g
 ・卵...1/2個(25g)
 ・塩胡椒...適量

・プロセスチーズ(3gカット)...15g
・茹でうずら卵...5個
・鰹だし(枯節)...2カップ(400g)
・しょうゆ...大さじ1(18g)

鰹だし(枯節)に使用した「やきつべのだし 鰹 枯節」の詳細ページはこちら

 

作り方

1.工程1.jpg

1.キャベツは芯の厚い部分をそぎ(除いた芯は刻んで、2.でたねに混ぜる)レンジでしんなりとやわらかくなるまで加熱し粗熱を取る。

1.工程2.jpg

2.たねの材料【A】をビニルに入れてよく混ぜ合わせ、ビニルの角を1㎝程度カットして広げたキャベツの上に1個分60g弱の半量分絞り出す。

Point:混ぜる時には、手や器具が汚れないようにビニルで混ぜていますが、ボウルで手を使って混ぜても。

1.工程3.jpg

3.チーズとうずら卵をのせたら残りの半量分を上に絞り出す。

1.工程4.jpg

4.スプーンやヘラなどで肉だねが卵とチーズと包むように整え、敷いたキャベツできつめに包み、鍋に並べる。

Point:つまようじで留めても、キャベツの大きさに余裕があれば留めなくてもOKです。

5. 4.の鍋にだしとしょうゆを入れ、キッチンペーパーをのせて蓋をし、弱火でじっくり1時間程度煮る。

 

コメント

・お子さまに人気のロールキャベツを、だしの風味をきかせて和風に仕上げました。だしのやさしい香り、旨みで煮ることで素材の美味しさをより生かすことができます。

・中にチーズや卵を入れてサプライズ感を出し、楽しく食べられるようにしてみました。冬はキャベツの代わりに白菜で巻いても美味しいです。

 

料理家紹介

図1.jpg

管理栄養士 小澤朋子さん

<プロフィール>
惣菜管理士 ごはんソムリエ フードコーディネーター フードアナリスト
現在は食品会社で商品開発およびレシピ開発や調理に従事。食べる楽しさや料理の楽しさを伝えたいと、レシピサイトでのレシピ考案、企業のレシピ開発、食に関するコラムの執筆など料理家としても精力的に活動している。

<食育への思い>
家族が楽しく美味しく食べてるうちに健康になれるものをと、いつも心掛けてごはん作りをしています。少しでも皆様のごはん作りの参考になれば嬉しいです。