だしママプロジェクト

  • だしママレシピ2018.11.22

だしを使った離乳食⑤(中期~後期)海苔と納豆のくたくた煮(海苔と納豆のだしあんかけごはん)のレシピ離乳食

余計なものを使っていない上質なかつおだしパックは、少量ずつ簡単に煮出すことができ、離乳食にも安心してお使いいただけます。

乳幼児食に詳しいママ管理栄養士さんと一緒に、子どもの味覚と身体の成長に合わせ、必要な栄養素をだしの力で美味しく食べられるレシピを考えました

親子でだしを楽しみたい「だしママ」「だしパパ」にぴったりの食育レシピです。

今回は、中期~後期の赤ちゃんのためのだしを活用したレシピ「海苔と納豆のくたくた煮(海苔と納豆のだしあんかけごはん)のレシピ」を紹介します。

 

海苔と納豆のくたくた煮(ごはんと一緒).JPG

 

たんぱく質や野菜をバランスよく食べられる煮物です。海苔は煮ることでとろとろにほぐれて、香りと味が出るので離乳食にも使いやすい食材です。

煮物だけでおかずのひと品にも、ごはんにかけてあんかけごはんにしても。冷凍保存も可能です。

 

材料:4食分程度

・水...200g
・やきつべのだし(枯節)...1パック
・ひきわり納豆...1パック(45g)
・にんじん...40g
・じゃがいも...40g
・海苔...1枚(3g)

 

今回のレシピに使用した「やきつべのだし 鰹 枯節」の詳細ページはこちら

 

 

作り方

1.工程①.jpg

1.皮をむいて3㎜各程度に切ったにんじんと水とやきつべのだしを鍋に入れ、にんじんが柔らかくなるまで煮る。

1.工程②.jpg

2. 鍋にひきわり納豆と、海苔を細かくちぎりながら加え弱火で5分ほど煮る。

1.工程③.jpg

3.じゃがいもは皮をむいてすりおろし、鍋に加えて加熱しながら混ぜるととろみがつく。

*とろみづけは栄養価UPのためにじゃがいもを使っていますが、手軽に水溶き片栗粉でもOKです。
*冷蔵で翌日まで保存可能ですが、冷凍保存の方ができたての風味を保てます。

 

 

完成です。

 

海苔と納豆のくたくた煮(単体).JPG 

 

料理家紹介

図1.jpg

管理栄養士 小澤朋子さん

<プロフィール>
惣菜管理士 ごはんソムリエ フードコーディネーター フードアナリスト
現在は食品会社で商品開発およびレシピ開発や調理に従事。食べる楽しさや料理の楽しさを伝えたいと、レシピサイトでのレシピ考案、企業のレシピ開発、食に関するコラムの執筆など料理家としても精力的に活動している。

<食育への思い>
家族が楽しく美味しく食べてるうちに健康になれるものをと、いつも心掛けてごはん作りをしています。少しでも皆様のごはん作りの参考になれば嬉しいです。