だしママプロジェクト

  • だしママプロジェクト2019.03.26

だしママ講師インタビュー vol.7 木村 有花さん

やいづ善八が取り組んでいるだしを使った食育の活動「だしママプロジェクト」の講師の皆さんをインタビュー形式でご紹介するコーナー。第7回は、木村有花さんです。

 

42265.jpg

 

 

「だしママプロジェクト」(だしを使った食育)に興味をもった動機は何ですか?

お子さんの食事に悩んでいるママパパに、簡単に美味しく、そして楽しんでお子さんとの食事タイムを過ごしてもらうために、何かいい方法はないかと探していたところ"だしママプロジェクト"のお話を耳にしたので、これだ!と思い参加しました。

 

現在の主な仕事や活動内容について教えてください

現在は食育関連と教育関連の、2種類のイベントやワークショップなどを開催しています。

食育イベントでは主に、離乳食期から幼児食が始まったばかりの2歳ぐらいまでのお子さんのママパパを対象に、不安や悩みを解決するお手伝いをしています。

教育イベントでは、幼児教育講座、プログラミング体験イベント、夏休みの自由研究対策講座などを行っています。

 

33005.jpg

 

お仕事のどのような点に、やりがいを感じますか

お子さんの食事に悩んでいたママパパから、「子どもの好き嫌いが少し改善してきました!」「私の作るメニューでも大丈夫なんだと自信が持てました!」と言っていただけた時に、とてもやりがいを感じました。

また、「育児が大変で毎日の離乳食作りが苦痛だ」と言っていたママにだしについてお伝えしたところ、「朝のだしをとる時間が、私のホッとする、楽しい時間になりました」と言っていただけた時は、とても嬉しく、この仕事をしていて本当に良かったなと思いました。

 

40841-2.jpg

 

将来の目標などあれば自由にお書きください

お子さんの食事に悩んでいるママパパの不安を少しでも減らし、お子さんとの食事タイムを楽しく過ごせるお手伝いができたらいいなと思います。

また教育イベントなどでも、だしの大切さ、多様性、面白さなどをお伝えし、"食事"にあまり興味のなかった方にも、自分の食事、家族の食事、お子さんの食事に興味を持って楽しめるきっかけ作りをしていきたいと思います。

 

42264.jpg

 

今後のだしママサロンで、どんな企画・教室・講座をしていきたいですか

引き続き離乳食教室などで、ママパパの不安や悩みに寄り添っていきたいと思います。

また、夏休みの自由研究イベントなどでは、科学的な視点からだしの美味しさ、楽しさを発見できる場を子どもたちに提供していきたいです。

 

「だし」って良いなと実感したことがあれば教えてください

これは先日、"だしママ講師交流会"でのことなのですが...。

交流会では、いろんな種類のだしを試飲させていただきました。煮干しのだしを飲んだ時、私の祖母が作ってくれた料理を思い出しました。祖母は十数年前に他界しているのですが、子どもの頃の味、そして祖母との思い出を一瞬にして思い出させてくれる"だし"ってすごいなと。だしの良さをあらためて実感するとともに、たくさんのママパパにもっとだしの良さを伝えていきたいなと思いました。

 

ご自身の「だし」の使い方でオススメがあれば教えてください

やっぱり私は、濃いめのだしで作ったお味噌汁が一番好きです。具材をたくさん入れても美味しいですし、時間がない時は豆腐とネギだけでもホッとする食卓を作ることができます。

最近1歳の息子に大ヒットしたのは、カツオだしとトマトで野菜とお肉をよく煮た和風ハヤシライスです。野菜が苦手な息子がパクパク食べてくれるので、私にとって、とっても助かるメニューです。

 

新人ママパパに何か伝えたいことがあれば、一言お願いします

子どもの頃好きだった家庭料理はなんですか?

きっと料理の味だけでなく、いろんな楽しい思い出も一緒に頭の中に浮かんだのではないでしょうか。

これからお子さんと何千回、何万回もの食卓を囲むと思いますが、できるだけ笑顔で楽しい時間を過ごしてもらえるといいなと思います。もちろん喧嘩するときもあるでしょうし、毎日は無理ですが...。

楽しい食卓を囲むためには、ママパパがラクして料理することも大切です。だしを使うと、頑張ることなく、家庭のホッとする味を作ることができると思います。

ぜひだしを使って、ご家庭の味をお子さんに伝えていっていただけると嬉しいです。

 

 

プロフィール

180622--083.JPG木村有花さん

離乳食アドバイザー 母子栄養協会/食育栄養コンサルタント/だしママ講師/ママかつ認定講師。


「ママとベビーが無理せず継続できる食育」を心がけ活動中です!


ママの悩みや不安が少しでも減り、毎日のお子さんとの食事を楽しく過ごせるようお手伝いします!

 

 

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png