だしママプロジェクト

  • だしママプロジェクト2019.06.11

だしママ講師インタビュー vol.10 川本尚子さん

やいづ善八が取り組んでいるだしを使った食育の活動「だしママプロジェクト」の講師の皆さんをインタビュー形式でご紹介するコーナー。第10回は、川本尚子さんです。

 

指導.jpg

 

「だしママプロジェクト」(だしを使った食育)に興味をもった動機は何ですか?

これまで妊婦さんをはじめ、大人の方々に減塩をおすすめしてきましたが、だしを使うと塩分がなくても美味しく食べられることを実感してもらいたい、そして、小さいお子さんにはこの素晴らしい日本の味に慣れ親しんで欲しいと思い、プロジェクトに参加しました。

 

現在の主な仕事や活動内容について教えてください

離乳食講座や妊婦さんのための集団栄養指導、生活習慣病の予防と改善のための栄養相談などを行っています。またNPO法人のメンバーと共に地元川崎野菜を使ったお料理を一緒に作って食べるママと赤ちゃんのためのランチ会や親子で一緒におやつを作るこねこねの会などをしています。

 

こねこの会.jpg

 

お仕事のどのような点に、やりがいを感じますか

講座の後、参加者の方から「さっそくやってみます!」と言ってもらえたときに「あ、伝わったんだな」とうれしくなります。

 

将来の目標などがあれば教えてください

1品でもいいので、とにかく1度一緒に作ってみる場を提供していきたいです。1度作ってみると「こんなに簡単なんだ」とか「家で作ってみよう」という気持ちになります。毎日の食事作りのハードルを下げて、誰もが食事作りを楽しめるような手助けができればと思います。

 

今後のだしママサロンで、どんな企画・教室・講座をしていきたいですか

だしを美味しく簡単にとる方法の実践、だしを使った手軽なお料理の紹介、心のこもった美味しい時短料理を提案していきたいです。

 

合成.png

 

「だし」って良いなと実感したことがあれば教えてください

体調を崩して胃腸の具合が悪く、おかゆやうどんしか食べられない時期がありました。そんな時にだしのきいた味噌汁を飲んで「あぁ、命が入ってきたなぁ...」と染み入りました。

 

ご自身の「だし」の使い方でオススメがあれば教えてください

味噌汁です。特にトマト、なす、玉葱、油揚げの入った夏野菜の味噌汁は最高に美味しいです。ロールキャベツをだしで煮込むのも大好きです。

 

味噌汁.jpg

 

最後に、新人ママパパに何か伝えたいことは?

お子さんが小さい時は、とにかく毎日バタバタと大変です。「誰にも邪魔されず1人でゆっくりごはんが食べたい!」と思うこともよくあるでしょう。でも「この子とあと何回一緒にごはんが食べられるんだろう?」と考えると、それはとても貴重な時期に思えてきます。

冷蔵庫に余った食材をザクザク切ってだしで煮るだけでも、十分に立派な1品になります。食事作りを気負わず、お子さんと一緒にごはんが食べられる今を、ぜひ楽しんでもらいたいです。

 

 

講師情報

川本尚子さん

プロフィール

川本尚子さん
管理栄養士、妊産婦食アドバイザー、離乳食アドバイザー

川本さんの講座の様子はコチラ

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png