だしママプロジェクト

  • サロンレポート2019.09.24

だしママサロン vol.14 「だしを使った野菜講座」狛江市で開催

7月25日に、だしママサロンが開催されました。

だしママサロンは、だしを通じた食育の推進や日頃子育てをしている方のお悩みを解決していくためのイベントです。(開催スケジュールはこちら

今回はだしママ講師の香月りさんが講師となり、狛江市あいとぴあセンターで、だしを使った野菜料理メインの講座を開催しました。

毎年恒例の夏の食育講習会である小学生親子の皆さんを対象としたこの講座。今年は参加受付開始から申し込みが殺到し、瞬時に枠が埋まってしまったほど人気でした。

 

IMG_6865.JPG

 

テーマは「野菜とだしのうま味」

この時期に育つ、トマト、ピーマン、ナス、キュウリなど、野菜への興味や食べる意欲を楽しみながら伸ばす体験型講座だったのですが、地元の農家さんから届く朝採れ産直野菜はどれも新鮮で皆さんとても喜ばれていました。

 

IMG_6868.JPG

 

「畑ではどんな風に育つのか?」「どんな花が咲くのか?」といったことから、畑から食卓に届くまでの食のストーリーなども一緒に学びました。

また、野菜には独特の苦みやえぐみや青臭さ、酸味などがあり、まだ味覚が未発達の子ども達には食べにくい事もあります。そんな野菜のクセにだしの美味しさをプラスすると...味わいはどう変わるのか。

 

IMG_6867.JPG

 

苦み野菜の代表でもあるピーマンを使い、かつお節や調味料で和え食べやすくなるか、香りには変化があるのかを実験しました。

試食メニューは、にんじんのだし煮、狛江夏野菜の和風ミネストローネ、ミニトマトのホワイトマリネ、枝豆の食べ比べなどです。

 

IMG_6870.JPG

 

参加者からの感想

参加された皆さんからはたくさんの感想をただきました。一部ご紹介します。

・昨年に引き続き参加した。楽しく勉強になる講座、ありがとう。
・だしの美味しさを改めて見直した。
・レシピなどとても参考になった。
・おいしい野菜の見分け方が勉強になった。トマトのカルピスマリネは作ってみたいと思った。
・野菜ソムリエさんから直接講習を受ける機会が初めてだったがとても分かりやすく勉強になった。
・給食を作る栄養士にアドバイスもされているとのこと、とても素敵な仕事だと思う。とても興味深かった。
・先生のお話がとても上手だった。子ども達もえーっ!と新発見があってよかった。
・トマトのうま味とかつお節のうま味がこんなに合うなんて!頂いただしでまた作ってみます。
・子どもが飽きないような工夫がたくさんあってよかった。試食もたくさんありおいしかった。
・ピーマンの軸の形の違いや、トマトが沈むこと、にんじんの芯の太さの違いなど知らない事がたくさんあった。子どもが近くで見られるよう集まって見られるような配慮がありがたかった。

 

IMG_6869.JPG

 

最後に講師の香月さんから...

食の経験が少ない子どもの味覚というのは未発達で、子ども達には野菜がもつ個性的な味わいが食べにくかったり、好きではない味わいに感じられて、どうしても敬遠されてしまいがちです。

しかし、たくさんの味を経験することで、味覚の世界を広がっていき、苦みや酸味のある野菜も美味しく感じられるようになります。

今回はその一つのきっかけとなるように、だしうま味との組み合わせを紹介しました。

千切りにしたピーマンは、それだけでも苦い香りがしますが、これにかつお節を和えると、苦い匂いが抑えられます。実際に食べてみると、ピーマン臭くなくて食べやすくなり、参加されていたピーマンが苦手な大人の方も、「これなら食べられるかも」とパクパク試食してました。

大根やニンジンなどは湯で茹でてから味付けをするのではなく、そのままだしで煮ることで青臭さがおさえられ食べやすくなります。

このように家庭でできる野菜とだしの組み合わせはたくさんあります。美味しく食べると、味覚も育つと言われています。そのきっかけの一つになれれば嬉しいです。

 

だし講座子どもたち.jpg

 

 

講師情報

だしママ講師  香月りささん香月りささん

野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、

離乳食・幼児食アドバイザー 母子栄養協会、だしママ講師として活躍中!

親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』を主宰も。

また、料理動画サイトでのレシピ考案や調理、フードコーディネート担当し、TVをはじめメディアでの旬野菜やレシピも多数紹介。

農林水産省による「農業女子プロジェクトサポーターズ」、2019年11月開局のFM狛江・コマラジのパーソナリティーも務める。

香月さんのサイトはコチラ → ベジフル&ハミングライフ

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png

 

今後のだしママサロン開催予定

こちらの一覧から