だしママプロジェクト

  • 専門家コラム2019.10.08

だしママ講師インタビュー vol.14 国島雪絵さん

やいづ善八が取り組んでいるだしを使った食育の活動「だしママプロジェクト」の講師の皆さんをインタビュー形式でご紹介するコーナー。第14回は、国島雪絵さんです。

KIMG3637.JPG

 

「だしママプロジェクト」(だしを使った食育)に興味をもった動機は何ですか?

赤ちゃんのまっさらなお口に、素材の味を経験させてあげられるお手伝いができると思ったからです。

また、手軽なおだしパックを利用することで、離乳食へのハードルを低くお伝えできると思いました。

だしママサロンを通じて、ママたちの不安やお悩みを軽くするサポートができるようになりたいです。

   

現在の主な仕事や活動内容について教えてください

本業は特別養護老人ホームで毎食200食の調理補助(パート)をしています。加えて、1カ月に1度程度の離乳食教室、放課後こども料理教室・長期休み中の子ども料理教室を、3~5名の少人数制で開催しています。

子どもの料理教室では、特別な調味料は使わない野菜中心メニューをご家族分作り、夕飯や昼食のひと品として持ち帰る仕組みになっています。ママとパパのサポートも目的のひとつです。

 

KIMG3639.JPG

 

お仕事のどのような点に、やりがいを感じますか

特別養護老人ホームの調理補助では、チームワークが重要になってきますが、それぞれの連携で無事に食事を提供できたとき、やりがいや達成感を感じます。

離乳食教室ではお申し込みをいただいて、参加される方の日々の不安や疑問をやり取りしながら知っていく中で、ママやパパの気持ちが軽くなったときにやりがいを感じます。教室後も、健康についてやその後の不安などをご相談いただいたときにお役に立てていると思い、やりがいを感じます。

また、教室での試食時に、おだしのうま味で簡単に減塩できることを実感して喜んでいただけたとき、各種こども料理教室で難しいと思っていたメニューが意外と簡単にできることがわかり、おうちでも作れたと聞いたとき、持ち帰った料理が食卓に上がり、家族でそれを囲み、ママも助かったと聞いたとき、参加した子どもが「家族の役に立てた」「自分の作った料理で家族が笑顔になる」ということを感じてくれたといったご報告をいただいたときなどに、うれしい気持ちになります。

 

KIMG3641.JPG

 

将来の目標などがあれば教えてください

大きな目標は、おだし・素材のおいしさを活かした調理のご提案を通して、お子さんの味覚を大切に育むサポートをしていくことです。

そして、ママたちの日々の不安や疑問に応えられる「より所」になりたいと思っています。

また、子どもたちがさまざまな場面(おやつ、飲み物、塾前後、スポーツ前後など)で、自分に必要な食べ物を自分で選べるようにサポートしていきたいと思っています。

 

今後のだしママサロンで、どんな企画・教室・講座をしていきたいですか

まずは、「調理デモを組み込んだ離乳食教室」です。

今回、これまでの離乳食教室に参加したことのある方に限定的に募集をしたところ、3時間ほどで定員に達してしまったほど反響が大きく、ニーズが高いことが分かりました。時期別の取り分け方、お弁当に向いているおかず、与え方、最適な量などが知りたいという声にお応えできるように以下のような内容の教室にしました。

① お話中心の離乳食教室(入門編)
② 調理デモ&ランチ会の離乳食教室(実践編)
③ ラインサポート

この3本柱でママの負担、お悩みを軽くできるように組み立てていきたいと思っています。

KIMG3643.JPGのサムネイル画像

 

「だし」って良いなと実感したことがあれば教えてください

簡単にとれるところですね。あとは、「香り」でおなかがすく(食欲が沸く)ところや調味料が最低限でよくなり、旬の食材のおいしさを感じられるところも大きな魅力だと思います。

 

ご自身の「だし」の使い方でオススメがあれば教えてください

私はよく、生姜焼きのタレにおだしを使います。

玉葱の甘みとおだしで、お肉のおいしさを味わえるひと品です。

【材料】
すりおろし玉葱...1/4個
おだし...1/3カップ
しょうゆ...小さじ2
みりん...小さじ1/2
おろししょうが...5g

 

【作り方】

材料をすべて小鍋に入れ、ひと煮立ちさせ、弱火でツヤが出るまで10分ほど煮込む。
ソテーしたお肉に絡める。

 

おすすめレシピの写真.JPG

  

最後に、新人ママパパに何か伝えたいことは?

毎日の育児、本当にお疲れ様です。毎日夜勤のような生活パターン送られている方もいらっしゃると思います。

1人だけで頑張ろうとしないでくださいね。

ご家族だけでなく、私たちでもお役にたつことがあるかもしれません。

頼れるところに頼ってみてくださいね。

お子さんにとって、ママパパの笑顔が1番の活力につながると思います。

そしてお子さんの笑顔は、ママパパはもちろん、周りの人み~んなの癒しになるのですから。

 

1568807904103.jpg

 

 

プロフィール

IMG_3741.jpg国島雪絵さん

管理栄養士/離乳食アドバイザー

月に一度程度、北海道帯広市で離乳食教室を開催しています。
自身も3人の子育て(8歳・6歳・4歳)真っ最中♪

~ごはんで繋がる家族の思い~をテーマに、食を通してご家族の心の豊かさと、お子さんの成長をサポートさせていただきたいという思いで活動しております。

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png