だしママプロジェクト

  • サロンレポート2019.12.24

だしママサロン vol.18「離乳食初期~完了期の食事」宮城県で開催

10月18日に宮城県仙台市の株式会社mineken様本社で、離乳食初期~完了期のお子さんがいる方を対象とした、だしママサロンを開催しました。

 

IMG_1810.JPG 

質問形式で和気あいあいと進むレッスン

講座では最初に離乳食の基本や塩分量、なぜとろみが重要なのかといったお話がありました。

佐藤さんのレッスンは、質問形式で参加のママたちと会話をしながら進めていくのが特徴です。この日も、ママたちの真剣な声や笑い声が響く楽しいレッスンとなりました。

 

IMG_1816.JPG

 

盛り上がるデモンストレーション

デモンストレーションの時間では、はじめにお味噌汁を作り、お湯で薄めたお味噌汁とおだしで薄めたお味噌汁の飲み比べをしました。

 

IMG_1844.JPG

 


参加者の皆さんからは「美味しい!」「風味がすごい!」といった声が上がっていました。

 

IMG_1845.JPG

 

次におだしを活用した和風ミネストローネの紹介です。

 

IMG_1843.JPG

 

トマトとおだしが合うことに皆さんびっくりされていました。お代わりをしてくださったママも!

そして最後は、普通に炊いたご飯とおだしのみで炊いたご飯を試食していただきました。

「おだしで炊いたご飯は香り良く食欲がない場合でも食べられそう」といった感想が相次ぎました。

講師の佐藤さんからひと言

レッスンでは、おだしの可能性や簡単に取り入れられること、そして何より調味料の代わりになることをお伝えしています。

味付けと聞くと、どうしても調味料を思い浮かべますが、おだしや食材(青のり、ごま、練りごま、きな粉、チーズ、等々)も調味料になることをお話しています。

料理は頑張れば頑張るほど食べてもらったときに期待してしまいがちですが、食事作りは毎日のことです。

頑張りすぎず、力を抜いて向き合ってほしいと思います。

また、おだしには減塩効果もあるので、この機会にご家族でおだしを取り入れて身体にやさしく嬉しいお食事を摂ってほしいと思います。

 

 

講師情報

佐藤渚さん

佐藤渚さん

宮城県仙台市にて「子育て応援irotori」主宰。

離乳食アドバイザー・幼児食アドバイザー・食育実践プランナー・だしママ講師・子育て支援員

「離乳食・幼児食はおふくろの味の原点」をコンセプトに、その原点が簡単で楽しく、食卓が笑顔になるレッスンを開催中。

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png