だしママプロジェクト

  • だしママプロジェクト2020.01.14

だしママ講師インタビュー vol.16 岡安香織さん

やいづ善八が取り組んでいるだしを使った食育の活動「だしママプロジェクト」の講師の皆さんをインタビュー形式でご紹介するコーナー。第16回は岡安香織さんです。

 

P1080105.JPG

 

「だしママプロジェクト」(だしを使った食育)に興味をもった動機は何ですか?

離乳食アドバイザーの講習がきっかけで「だしママ」を知ったのですが、手軽に本物のだしを使うことで、美味しくて作りやすい食事ができると思ったからです。

それを多くのママさんに伝えて、楽しく食事作りをしてもらえたらと思いました。それって家族が幸せになれそうですよね。

   

現在の主な仕事や活動内容について教えてください

産婦人科の管理栄養士として勤務し、妊産婦さんの食事相談や指導、入院患者さんの管理をしています。

病院でのプレママ教室や離乳食教室での講義と試食作成もしています。

また、妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」にて、相談員として担当しています。

 

お仕事のどのような点に、やりがいを感じますか

家族の食事の要になるお母さんと、未来のある子どもたちに食事について伝えられることです。

これはとっても意味のある事かと思っていて、どうやったらうまく伝えられるかを考えるのが楽しいです。

 

P1080101.JPG

 

 

将来の目標などがあれば教えてください

「シェアダイン」のような出張妊産婦・離乳食シェフとしてお邪魔して食事を食べてもらったり、子ども食堂でいろいろな子どもたちに、美味しいごはんを作ってあげたいと考えています。

 

今後のだしママサロンで、どんな企画・教室・講座をしていきたいですか

できれば調理実習を行いたいですが、とにかく参加者の皆さんに何かと体験してもらえる企画にしたいです。

 

「だし」って良いなと実感したことがあれば教えてください

日本人だからかもしれませんが、だしを使った味噌汁があることでしょうか。野菜やたんぱく質食品を補うことができて、心も満たしてくれるので、だしっていいなと思います。

 

ご自身の「だし」の使い方でオススメがあれば教えてください

食べやすい大きさに切った大根と人参とだしパック、ひたひたの水を鍋に入れて、火にかけるだけでいいかと思います。

これに塩や醤油を少したせば、大人も美味しくいただけますよ。

 

最後に、新人ママパパに何か伝えたいことは?

まずは、離乳食や料理に気負わないで欲しいです。食べることは楽しく幸せなことと感じてください。

育児全体についても、お子さんの事はよく見て欲しいですが、気にし過ぎないことがいいかと思います。

 

P1080112.JPG

 

プロフィール

岡安さん.jpg

だしママ講師  岡安香織さん

小学校での給食が大好きで栄養士になりたいと思い、家政系の大学へ。

大手給食委託会社に就職。調理や衛生管理を学び、今は産婦人科の病院の管理栄養士に。食べる事が大好きです。

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png