だしママプロジェクト

  • だしママプロジェクト2020.02.18

だしママ講師インタビュー vol.17 岡本雅子さん

やいづ善八が取り組んでいるだしを使った食育の活動「だしママプロジェクト」の講師の皆さんをインタビュー形式でご紹介するコーナー。第17回は岡本雅子さんです。

 

「だしママプロジェクト」(だしを使った食育)に興味をもった動機は何ですか?

離乳食アドバイザーの勉強をしている時、赤ちゃんもだしのうま味や香りで食欲が増すことを知り、簡単にだしがとれ体に良いやいづ善八のだしパックに興味を持ちました。

 

岡本さん②.jpgのサムネイル画像

  

現在の主な仕事や活動内容について教えてください

保育士として勤務し、若い保育士や保護者の方に離乳食の進め方や食べさせ方、赤ちゃんの発達や関わり方など保育や育児に関することをアドバイスしています。

また、アタッチメント広島のメンバーとして月に一度、ママやパパに離乳食のアドバイスをいろいろとお伝えしたりしています。

 

お仕事のどのような点に、やりがいを感じますか

お子さんの口や舌の動きを一緒に観察しながら、お子さんに合った離乳食の形状や食べさせ方、椅子の座らせ方など、離乳食についての悩み持っているママさんたちにアドバイスをしていくと、赤ちゃんの食べ方が変わったります。

それを見たママたちの顔が笑顔になる時こちらも嬉しくなります。

 

岡本さん③.jpgのサムネイル画像

 

将来の目標などがあれば教えてください

保育士として口や舌の動きや座り方などや食べさせ方など子どもの発達についてお伝えすることに加え、簡単にできる離乳食やとりわけ離乳食、だしを使った離乳食など、ママたちが少しでも楽しく離乳食を進めることができるような教室を開催したいと思っています。ちなみに、そのためにお手伝いしてくれる栄養士さんを探し始めようと思っています。

 

今後のだしママサロンで、どんな企画・教室・講座をしていきたいですか

口腔機能の働きを良くするべビーマッサージ教室、赤ちゃんのお口と体の発達の関係をお伝えする教室などです。

 

「だし」って良いなと実感したことがあれば教えてください

薄味でもだしをしっかり使うことで、おいしく食べられることですね。

 

ご自身の「だし」の使い方でオススメがあれば教えてください

マグカップにやきつべのだしパックを入れ、お湯を注いでいただくと心も体もほっとします。

 

最後に、新人ママパパに何か伝えたいことは?

子育ては大変なこともありますが、楽しいこと嬉しいこともたくさんあります。

アタッチメント広島の合言葉でもある『一人じゃないんだよ』の子育てを!

悩んだら誰かに相談して、頑張り過ぎない子育てをして下さいね。

 

プロフィール

岡本さん

だしママ講師 岡本雅子さん

保育士 離乳食アドバイザー 幼児食アドバイザー。保育士として働きながらアタッチメント広島の離乳食教室やベビーマッサージを開催しています。

アタッチメント広島についてはコチラ

 

 

だしママについて詳しく知りたい方は「だしママPROJECT」ページから。

dashimama.png