だしがんもどき
 
しらいさん家の

だしがんもどき

あつあつの揚げたてをほおばりたい、手作りのがんもどき。
「深み鰹白だし」を入れることにより味わいが深まり、何もつけずそのままでもおいしく頂けます。
中に入れる具を旬の食材に代えれば、季節の味を楽しめます。

材料 [6個分]

  • 深み鰹白だし
    小さじ2
  • 厚揚げ(木綿)
    1枚(200g)
  • はんぺん
    1/2枚(60g)
  • ひじき
    大さじ1
  • ごぼう(みじん切り)
    40g
  • にんじん(みじん切り)
    40g
  • 【A】砂糖
    小さじ1/2
  • 【A】片栗粉
    大さじ1
  • しょうがのすりおろし
    適宜
  • 揚げ油
    適量
レシピ作成
しらいのりこさん
しらいのりこさん
お米料理研究家。夫と共に「ごはん同盟」として お米料理、ごはんに合うおかず、おつまみなどのレシピ開発、料理教室などを行う。 著書「パラパラじゃなくていい!最高のチャーハン50」(家の光協会) 「これがほんとの料理のきほん」(成美堂出版)など。http://gohandoumei.com/

作り方

  1. ひじきは水で戻しておく。
  2. 水にさらしたごぼうは、水けを切りにんじんと耐熱容器に入れる。ふんわりラップをかけて600Wの電子レンジで2分加熱して、冷ましておく。
  3. ボウルに厚揚げ、はんぺんを入れ、手でつぶして滑らかにする。深み鰹白だしと【A】を加えてよく混ぜ、②とひじきを加える。
  4. 揚げ油を170度に熱し、③を6等分して丸めて入れる。2分揚げたら裏返し、きつね色になるまでさらに2分揚げる。
  5. しょうがのすりおろしをのせていただく。

ワンポイント

  • 冷蔵庫で2~3日保存可能。再度揚げ直してもおいしい。
  • 2日目には、おでんの具としても。
  • 具は季節に合わせて。冬はれんこん、春は絹さや、グリーンピース、空豆、新玉ねぎなど。夏は枝豆、とうもろこし、エビ、秋は銀杏やきのこ類などがおすすめ。
レシピ作成
しらいのりこさん
しらいのりこさん
お米料理研究家。夫と共に「ごはん同盟」として お米料理、ごはんに合うおかず、おつまみなどのレシピ開発、料理教室などを行う。 著書「パラパラじゃなくていい!最高のチャーハン50」(家の光協会) 「これがほんとの料理のきほん」(成美堂出版)など。http://gohandoumei.com/