• TOP
  • わたしたちのこと
だし、ウフフ。

だし、ウフフ。

本質というひとがいる。決め手というひとがいる。だしは、すべてのはじまり。
だからこそ今思うのです。だしは、どこまで自由になれるだろうか。
こんなだしがあったのか!こういうだしの使い方があったのか!
だしは、まだまだワクワクと可能性に満ちている。
さあ、明治初年創業、やいづ善八の本気のだし創作がはじまりますよ。

ABOUT YAIZU

焼津のこと

焼津のこと

わたしたちが生まれ育った焼津。
1868年、この場所で鰹節製造業を始めました。
北に富士山、西に大井川。東には、日本で最も深い湾とされる駿河湾があります。
沖合には黒潮が流れるため、良質な漁場になりました。
多くの自然と豊かな水に囲まれたこの地では、古く昔からカツオが食べられていたといいます。
今日も多くの漁船が、焼津の港に集まってきています。
今日もわたしたちは、焼津でだしづくりの技を磨きます。

ABOUT YAIZU ZEMPACHI

焼津のこと

村松善八のこと

「カツオの頭の先から、尾ひれの先まで。」
使いきる。無駄にしない。もっとできることはないか。
もっと役に立てる分野はないだろうか。そう常に新しい分野を切り開いてきました。
伝統を重んじ、未来へ挑戦する。
それはわたしたちに脈々と受け継がれたDNAなのかもしれません。
1868年の創業から引き継いできた「村松善八」という名前に誇りと覚悟を持ち、
今日もまた新しい歴史を刻んでいきます。

ABOUT YAIZU ZEMPACHI

焼津のこと

おいしさのこと

簡単に手にはいる食事も「おいしい」のかもしれません。
けれどわたしたちが考える「おいしい」はもっと深いもの。
こんなにホッとするのか。こんなに素材が引き立つのか。
こんなに料理がおいしくなるのか。
身体の奥から、ほんとうに感じる「おいしい」がここにある。
そんなわたしたちの信じる「おいしい」へ、ようこそ。

ABOUT YAIZU ZEMPACHI

焼津のこと

これからのこと

食材と食材をつなぐ。家族と家族をつなぐ。
今日の身体と明日の身体をつなぐ。
この次、だしはなにをつなげられるだろう。
だしの可能性にワクワクしながら、わたしたちはそんな希望で満ちあふれています。
今までのだしを超えて、焼津から新しい習慣を、文化を生むことができるだろうか。
だしのこれからを、世界の食卓のこれからを「やいづ善八」は見つめています。