RECIPE おすすめレシピ

だしはまだまだ自由になれる。そんなレシピを試しませんか?

だしはまだまだ自由になれる
そんなレシピを試しませんか?

私は、和洋中さまざまな料理に鰹だしをよく使います。
それは鰹だしをおいしさのベースとしてとらえているからかもしれません。
鰹だしを使ったからといって、即座に和風の味になるわけではないけれど、確実に奥行きのある味わいになる。
鰹だしは、まさに縁の下の力持ち。化学調味料を使ったり、味付けを濃くしたりしなくても、料理はおいしくなるのです。
とはいえ、忙しい現代の生活で、昔ながらの方法でだしをとるのはハードルが高いもの。
手軽でありながら、荒節と枯節、味が2種類あるほど本格的な「やきつべのだし」なら、
毎日の料理の楽しみがもっと広がること請け合いです。

料理研究家 冷水希三子

飲むおだし

まずはそのまま味わってみてほしい「やきつべのだし」。醤油などの調味料が予め加えられている他のだしパックとは違って、だしのうま味と香りだけを、まるでお茶のように楽しめます。アペタイザーとして食前に、お酒の苦手な方の食中の飲み物として、また、リラックスできるノンカフェインの飲み物としてもおすすめです。もちろん、和洋問わずさまざまな料理にも。素材の味を引き立てる本格鰹だしです。

  • そのまま飲みたい、おだしです。 飲むおだし
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
    やきつべのだし鰹 枯節
だしポタージュ

スープよりもひと手間かけたポタージュは、家にある野菜が1種類でも格段においしく仕上がるのがいいところ。作り置きができるので、朝ごはんにもおもてなしにも重宝します。一般的なコンソメやブイヨンを使うと鶏や牛のうま味が主張しがちですが、「やきつべのだし」なら、野菜の味わいを最大限に生かすことができます。

  • 滋味深い秋の味覚と鰹だしは相性抜群 きのこのだしポタージュ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • インドのお味噌汁と言うべき親しみ深い味 レンズ豆のだしスープ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • 春のやさしい甘みをだしが引き出す 新玉ねぎのだしポタージュ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • 和食にも洋食にも合う 白菜のだしポタージュ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • 冷やしてもおいしい パプリカのだしポタージュ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • だしの力でまろやかな味わい レンコンのだし酢豚
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • 冷やした鰹だしのおいしさをお試しあれ トマトの冷製だしパスタ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • だしで簡単、華やかフレンチ グリーンピースとサワラのだしブレゼ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • 濃厚なのにかろやかな味わい だしクリームパスタ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • サラダ感覚でたくさんの野菜を だしピクルス
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • 和食の献立にもしっくりなじむ 麻婆だし豆腐
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • ヘルシーなのにたっぷりのコク だしポテサラ
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • 華やかなクイックメニュー だしパエリア
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
  • おいしいだしが主役! 生わさびのだし茶漬け
    使った商品
    やきつべのだし鰹 枯節
  • 夜食や酒席の〆の定番に 焼きおにぎりのだし茶漬け
    使った商品
    やきつべのだし鰹 荒節
レシピ監修 冷水希三子先生
レシピ監修 冷水希三子先生
毎日の料理を支えるだしだから
味に妥協せず、でももっと手軽に利用したい。
もっと見る

「ていねいにとっただしさえあれば、お味噌汁だけでも立派なご馳走」と思っているので、ときには鰹節を削ることから始めるくらい、だしにはこだわっています。でもやっぱり、忙しいときや疲れているときは、面倒に感じることも。「やきつべのだし」は、このかんたんさで本格的な味わい。少量でとることもできるし、あるととても助かります。
「やきつべのだし」は、それだけで味見するととてもあっさりしているように感じます。でも、それは塩分や化学調味料といった余計なものが入っていないということ。調理に使うと、たちまち威力を発揮します。本当のだしは料理の味を引き立ててくれるものなのです。

Profile
料理家。季節ごとの味を大切にした、美しい料理に定評がある。
書籍や雑誌、広告などで、料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を手がけるほか、ブランドやメーカーの商品・メニュー開発のディレクションも。
近著に「スープとパン」「ハーブのサラダ」などがある。
http://Kimiko-hiyamizu.com