サーモンのだし南蛮漬け
 
さわやかな酸味が食欲をそそる

サーモンのだし南蛮漬け

「やきつべのだし 鰹 荒節」のうま味を生かして、砂糖と酢を控えめに仕上げた南蛮漬けです。
だしをたっぷり使った漬け汁が、脂ののった旬の生鮭と野菜を優しくまとめます。
かぼすをゆずに代えれば、秋から冬まで長く楽しめます。

材料 [2~3人分]

  • 鰹だし(荒節)
    300ml
  • 生鮭(切り身)
    2切れ
  • エリンギ
    2本
  • パプリカ
    1/2個
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • かぼす
    1/2~1個
  • 片栗粉
    適量
  • 適量
  • 揚げ油
    適量
  • 【A】酢
    100ml
  • 【A】酒、みりん、薄口しょうゆ
    各大さじ3
  • 【A】砂糖
    大さじ2
  • 【A】赤唐辛子(種を除く)
    1本
レシピ作成
冷水希三子さん
冷水希三子さん
料理家。季節ごとの味を大切にした、美しい料理に定評がある。 書籍や雑誌、広告などで、料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を手がけるほか、ブランドやメーカーの商品・メニュー開発のディレクションも。 近著に「スープとパン」「ハーブのサラダ」などがある。 http://Kimiko-hiyamizu.com

作り方

  1. 生鮭は皮を引いて4等分に切り、塩を振り20分ほどおく。
  2. エリンギは半分の長さに切り、縦に4〜6等分する。パプリカは5mm幅くらいに切る。玉ねぎは薄くスライスし、5分ほど水にさらして水けを拭く。
  3. 鍋に鰹だしと【A】を入れて、中火にかける。沸騰して砂糖が溶けたら火から下ろす。パプリカと玉ねぎを入れた保存容器に熱々のまま注ぎいれる。
  4. エリンギは170度くらいの油で素揚げして、③の保存容器に加える。生鮭の水けを拭き、片栗粉を薄くはたいて170度くらいの油で揚げて保存容器に入れ、かぼすを絞る。あら熱が取れたら冷蔵庫で半日以上漬ける。

ワンポイント

  • 絞る前のかぼすを2〜3枚スライスして、最後に添えても。
  • 多めに作り置きしても3〜4日はおいしく食べられます。
  • ②の工程にみょうがやしょうがの千切りを加えてもおいしい。
  • だしが効いているから、普通の南蛮漬けよりも酢と砂糖が控えめ。赤唐辛子を抜けば、小さなお子さまもおいしく食べられる。
  • かぼすの皮は苦味があるので、かぼすのスライスは漬け込まずに食べる直前に飾る。
  • かぼすの代わりにゆずを使ってもよい。ゆずの皮は苦味が少ないので、一緒に漬け込んでもおいしい。
レシピ作成
冷水希三子さん
冷水希三子さん
料理家。季節ごとの味を大切にした、美しい料理に定評がある。 書籍や雑誌、広告などで、料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を手がけるほか、ブランドやメーカーの商品・メニュー開発のディレクションも。 近著に「スープとパン」「ハーブのサラダ」などがある。 http://Kimiko-hiyamizu.com