きのこの薬膳だしスープ
 
からだがポカポカ温まる

きのこの薬膳だしスープ

からだを温める効果がある香味野菜や、抗酸化作用が期待できるクコの実を使った、手軽な薬膳スープです。
2種類のきのこから出るうま味と、「やきつべのだし 鰹 枯節」のまろやかな香りのおかげで、濃厚で奥深い味わいに。

材料 [2~3人分]

  • 鰹だし(枯節)
    500ml
  • しいたけ
    6個(約100g)
  • 舞茸
    50g
  • しょうが
    1片
  • 長ねぎ
    15cm
  • クコの実
    5g
  • 大さじ1
  • 薄口しょうゆ
    大さじ1/2
  • 少々
レシピ作成
冷水希三子さん
冷水希三子さん
料理家。季節ごとの味を大切にした、美しい料理に定評がある。 書籍や雑誌、広告などで、料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を手がけるほか、ブランドやメーカーの商品・メニュー開発のディレクションも。 近著に「スープとパン」「ハーブのサラダ」などがある。 http://Kimiko-hiyamizu.com

作り方

  1. 石づきを取ったしいたけと舞茸は、ひと口大に切る。しょうがは薄切りに、長ねぎは小口切りにする。
  2. 鍋に鰹だしと酒、①の食材、クコの実を入れ、中火にかける。沸いたら弱火にし、20分煮る。
  3. 薄口しょうゆと塩で味を調える。

ワンポイント

  • しいたけ、舞茸の代わりに、別のきのこ類150gを使っても良い。
  • 仕上げにごま油をかけると、中華風に。
  • 春雨をプラスすればボリュームが出て、軽食にも。
レシピ作成
冷水希三子さん
冷水希三子さん
料理家。季節ごとの味を大切にした、美しい料理に定評がある。 書籍や雑誌、広告などで、料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を手がけるほか、ブランドやメーカーの商品・メニュー開発のディレクションも。 近著に「スープとパン」「ハーブのサラダ」などがある。 http://Kimiko-hiyamizu.com