YAIZU LETTER やいづ善八だより

  • 静岡のこと 2018.01.06

焼津のお正月

image1.jpgimage2.jpeg

あけましておめでとうございます。

元旦の焼津はすっきりとしたお天気に恵まれ、新年の始まりにふさわしい一日となりました。

やいづ善八のロゴマークにもかたどられている富士山ですが、晴天の下のその凛とした姿には心が晴れ晴れとします。

皆さまはどのようなお正月を過ごされましたか?

なつかしいふるさとの味を久々に楽しまれた方も多いでしょうか。

鰹だしのきいた焼津のお雑煮は、たっぷりのかつお節をかけていただきます。

ふわっと香るだしと節のいいにおいにはいつでもホッとしますね。

日々の食生活だけでなく、縁起物としていろいろな慶事や引き出物に、さらには贈答品としても色々な場面でわたしたちの暮らしに寄り添ってきたかつお節。

古来、かつお節は「勝男武士」との縁起をかつぐ語呂合わせも好んで用いられていたそうで、おめでたいお正月のお料理にはぴったりなのです。

カツオの街・焼津でやいづ善八ブランドが立ち上がり、「やきつべのだし」を発売してからもうすぐ1周年を迎えます。

昨年のたくさんの出会いに感謝し、本年も多くの方々にだし文化をお届けできるように歩んでいきたいと思います。

facebookページもご覧ください